viage【ヴィアージュ】のナイトブラのパットって意味あるのか?

ヴィアージュ

ブラジャーの付属品といえばパットです。

ブラを購入した時についてきたパットをなんとなくで付けているという方もいれば、タンスに閉まって全く使っていないという方も居て、パットの扱い方は人によってそれぞれ違います。

パットの使い方がそもそもよく分からないという人もいるかもしれませんね。

今回はそんな謎が多いパットの使い方についてまとめてみました。

ヴィアージュにもパットがある?

ナイトブラのヴィアージュも普通のブラと同じようにパットが付属しています。

自由に着脱が可能になっており、ブラの裏側から入れられるようになっています。

パットを入れる時には厚みがある部分を下にして入れるようにしましょう。

もしも向きを間違えてしまうとバストを圧迫してしまう原因となってしまうので、パットを入れる時には必ず確認しながら入れましょう。

ヴィアージュのパットを付ける意味とは?

ではこのパットはどういう風に使ったらいいのでしょうか。

そもそもパットはバストの左右の大きさを調整するためにあります。

バストは実は左右が同じ大きさではなく、左のほうが少し小さかったりといった違いがあるのです。

差が大きい人は片方に比べて1つカップ違うこともあるのです。

ブラは両方同じサイズで作られていますから、左右に違いがある人はどうしても片方が余ってしまうことになります。

片方が余っていると動いた時に揺れてバストによくありません。

そんな時に余った空間を埋めるためにパットがあるのです。

つまり、パットはバストの大きさが左右で違う人のためにあるのです。

パットを外した方がいい時もある?

実はバストを守ってくれるパットは左右の大きさが違う人でも外しておいた方がいい時もあります。

それが寝ている間です。

「え?ナイトブラなのにパットを外すの?」と不思議に思うかもしれませんね。

寝ている間は寝返りを打ったりしてブラが動き、一緒にパットも動いてしまいます。

パットが動くと適切な位置からずれてしまい、バストを圧迫してしまう恐れがあります。

バストが圧迫されると苦しいですし、長時間その状態が続けばバストが変形してしまう恐れがあります。

美乳とは程遠い結果になってしまいますから、寝る前にはパットを外しましょう。

結局、いつパットをつけたら良いの?

寝ている間にパットを外すなら、パットは必要ないのでは?と思いますよね。

しかし、ヴィアージュはナイトブラだからといって夜にしか着用してはいけないものではなく、昼間も着用してOKなのです。

昼間はパットがずれる心配もないのでパットを入れっぱなしにしていても大丈夫です。

ヴィアージュの効果が早く出た人の中には24時間つけたり、出来るだけ長時間付けたという人も居ますから昼間でもどんどん使用しましょう。

寝る前にパットは外したほうがいい

パットはバストの大きさが左右で違う人がブラの中の空間を埋めるためにあるものです。

空間があるとバストが動いて垂れの原因にもなってしまうので必要な人は入れるようにしましょう。

しかし、就寝時にパットを入れているとパットが動きバストが圧迫され、苦しくなったりバストが変形したりする原因になってしまいますから、寝る前には必ずパットは取り外すようにしましょう。

ヴィアージュの公式ショップはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました