バストアップに筋トレは逆効果なのか?

バストアップをする方法として筋トレがあります。

バスト周りの筋肉に直接働きかけるものなので、確かに効果がありそうですよね。

しかし、中には筋トレはバストアップには逆効果という声もチラホラ聞かれます。

バストアップのために頑張っているのに、逆効果になるのはショックですよね。

そこで今回はバストアップに筋トレが効果があるのかをまとめました。

バストアップに筋トレが逆効果と言われる理由は?

筋トレがバストアップには逆効果だと言われるのには実はきちんとした理由があります。

そこで主な理由をご紹介しましょう。

乳腺の発達を妨げる

バストには乳腺が張り巡らされており、その乳腺を支えるために周りに脂肪がついています。

筋肉がついてしまうとこの乳腺の発達が妨げられ、それと同時に脂肪もしぼんでしまう可能性があるのです。

そのため、筋トレがバストアップを妨げると言われています。

胸の脂肪が燃焼されてしまう

筋トレをすると脂肪が燃焼されるため、ダイエットにはとても効果的です。

しかし、筋トレをすると同時にバストの脂肪も燃焼しかねません。

胸の9割は脂肪でできていますから、脂肪が燃焼されるのはバストのサイズにかなり影響を与えてしまいます。

バストアップのために筋トレはしない方が良い?

乳腺の発達を妨げ、胸の脂肪が燃焼されてしまうのであれば、バストアップのために筋トレはしない方が良いのかな?と思ってしまいますよね。

しかし、適度な筋トレであれば、バストアップにつなげることが出来ます。

バストアップの筋トレのポイントは大胸筋を鍛えることです。

大胸筋は筋トレをすると回復までに2〜3日かかると言われています。

そのため、週に2〜3回程度の筋トレを行うのが良いと言えるでしょう。

筋トレがバストアップに効果的な理由とは?

先ほども出てきたように、バストアップの筋トレには大胸筋が鍵を握ります。

大胸筋は胸の中でも一番大きい筋肉です。

そこで、バストを支える大胸筋の上部とバストを寄せる内側を鍛えるとバストを寄せて上げることができ、上を向いてハリのあるバストを作ることができます。

バストアップに繋がる筋トレの方法は?

では具体的にどのような筋トレをすればバストアップに繋がるのでしょうか?

オススメの筋トレ法をいくつかご紹介します。

  • 合掌の筋トレ
  • ①胸の前で手を合わせます。この時、腕は地面と水平になるようにしましょう。
  • ②手と手を力を入れて合わせ10秒キープします。
  • ③10秒経ったら息をはき、手を離して腕を前に持っていきましょう。
  • ①〜③を10回繰り返します。
  • ダンベルを使った筋トレ
  • ①仰向けに寝転び膝を立てます。
  • ②胸の横にダンベルを持って構えます。
  • ③息を吸いながらダンベルをゆっくり上に持ち上げます。
  • ④限界まで持ち上がったら息を吐きながら元の位置に戻します。ダンベルを使ったトレーニングなので、上げた時に落とさないよう、気をつけて行いましょう。

筋トレは効果的!

バストアップの方法としてよく筋トレが挙げられます。

しかし、筋トレをすると乳腺の発達を妨げたり、胸の脂肪を燃焼したりして逆効果になることもあります。

ただし、これは筋トレをしすぎた時の話で、週に2〜3回程度であれば問題ありません。

バストアップのための筋トレには大胸筋を意識するのがコツです。

バストの悩みを解決するために今回ご紹介した筋トレをぜひ生活の中に取り入れてくださいね。

ヴィアージュ
画像タイトルや代替えテキスト

寝てる時につけるだけ!
Viageビューティアップナイトブラはこんな方にオススメ!
・寂しい大きさのバスト
・バストが外向きに離れている
・年齢によるバストの垂れ
・授乳後ハリがなくなった

私が個人的に毎日使用しているナイトブラです。

モテフィット
モテフィット

・Youtuber『てんちむ』さん全面プロデュースしているナイトブラです。
・26秒に1枚売れているいます。
背中と脇下の着圧感を強化し、脂肪のたまりがちな背中・脇下からしっかり引き寄せ定着させる独自構造で極圧パッドで快適なつけ心地です。

ふんわりルームブラ
ふんわりルームブラ 育乳 ナイトブラ バストアップ

ナイトブラなのに!豊富なカラーとサイズ、かわいいデザインで種類が豊富です。
ふんわりルームブラなら谷間メイクも簡単です。理想のバストにボリュームアップできます。
バストが離れ気味でお悩みなかたにもギュッと寄せてバストをきれいに!
垂れが気になる方にもオリジナルのパッドが支えるから大きいお胸の方も安心ですね

胸に関する知恵袋
naitobura1をフォローする
ナイトブラで綺麗な胸を作ろうよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました