ふんわりルームブラの正しいつけ方は?

ふんわりルームブラ

ふんわりルームブラは普通のブラと少し構造が違います。

そのためつけ方にも違いがあります。

つけ方が分からず無理に着用してしまうとブラが痛む原因になります。

また、きちんと着用できていなければ周りのお肉を寄せてキープするという効果を十分に得られなくなってしまう可能性もあります。

そこで今回はふんわりルームブラの正しいつけ方をまとめてみました。

ぜひ参考にしてくださいね。

ふんわりルームブラの正しいつけ方は?

それでは早速ふんわりルームブラの正しいつけ方を流れに沿って説明しましょう。

①ブラの両端を持ち、少し広げながら両足を通し、アンダー部分まで持ち上げます。この時ブラを引っ張りすぎると痛みの原因になってしまうので気をつけましょう。

②正しい位置まで持ち上げたら肩ひもを腕に通します。肩ひもを引っ張りながらつけるとブラの寿命が縮まってしまいますから、腕を動かしながら上手に通しましょう。

③少し前かがみになりながら脇や背中にあるお肉をブラの中に集めます。ここでいかにお肉を逃さずに収められるかが最大のポイントです。

④十分にお肉を入れられたら最後に前側にあるホックを留めます。3段階あるので、自分に合う場所で留めましょう。

ふんわりルームブラをつける際のポイントは?

ふんわりルームブラをつけるときには気をつけてほしいポイントがいくつかあります。

正しい効果を得るためにどれも欠かせないものなのでぜひ着用の際に意識してくださいね。

①鏡の前で着用する

普通、ブラを着用する際に場所を気にすることはないと思います。

自分の部屋やクローゼットの前など人によって様々でしょう。

しかしふんわりルームブラを着用するときには鏡の前で着用するのがおすすめです。

ふんわりルームブラはお肉をいかにブラの中に収められるかが重要です。

もしもここでお肉が残っていたらかなり勿体無いです。

そのため、取り残しがないか確認できるよう、鏡の前でつけるようにしましょう。②ホックはキツすぎず緩すぎない位置で留める

②ホックはキツすぎず緩すぎない位置で留める

前側にある3段階のホックはふんわりルームブラ特有のものです。

このホックをなんとなくつけていると高い効果が得られなくなってしまいます。

ホックはキツすぎると苦しくて息がしにくくなってしまい、普段の生活に支障が出てしまいます。

しかし、緩すぎてもお肉のホールド力が弱くなってしまい、効果が下がってしまうのです。

そのため、キツすぎず、緩すぎないぴったりの位置で留めるようにしましょう。

ちなみに寝る前は少し緩めると寝やすくなるのでおすすめです。

③最後にしっかり確認する

全てのプロセスが終わったら鏡を見ながら肩ひもが曲がったりひねったりしていないか、お肉を全て収められているかなど入念にチェックしましょう。

この一手間が綺麗なバストを作るためのポイントとなります。

正しいつけ方を知っておこう

ふんわりルームブラはアンダーが全て繋がっているため、普通のブラとつけ方が異なります。

そのため正しいつけ方を知っておく必要があります。

ブラは足から通し、肩ひもを丁寧に腕に通したら周りのお肉をしっかりかき集めましょう。

その後で自分にぴったりの位置でホックを留め、お肉の取りこぼしがないかを確認すればOKです。

正しくつけることが正しく効果を得ることに繋がりますから、着用時は毎回今回ご紹介したポイントを意識してくださいね。

ふんわりルームブラの公式ショップはこちら

ヴィアージュ
画像タイトルや代替えテキスト

寝てる時につけるだけ!
Viageビューティアップナイトブラはこんな方にオススメ!
・寂しい大きさのバスト
・バストが外向きに離れている
・年齢によるバストの垂れ
・授乳後ハリがなくなった

私が個人的に毎日使用しているナイトブラです。

モテフィット
モテフィット

・Youtuber『てんちむ』さん全面プロデュースしているナイトブラです。
・26秒に1枚売れているいます。
背中と脇下の着圧感を強化し、脂肪のたまりがちな背中・脇下からしっかり引き寄せ定着させる独自構造で極圧パッドで快適なつけ心地です。

ふんわりルームブラ
ふんわりルームブラ 育乳 ナイトブラ バストアップ

ナイトブラなのに!豊富なカラーとサイズ、かわいいデザインで種類が豊富です。
ふんわりルームブラなら谷間メイクも簡単です。理想のバストにボリュームアップできます。
バストが離れ気味でお悩みなかたにもギュッと寄せてバストをきれいに!
垂れが気になる方にもオリジナルのパッドが支えるから大きいお胸の方も安心ですね

ふんわりルームブラ
naitobura1をフォローする
ナイトブラで綺麗な胸を作ろうよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました