ふんわりルームブラのサイズ選び方法は?

ブラのサイズはA 65やC75というようにカップ数とアンダーの長さで決められますよね。

しかしふんわりルームブラのサイズはS〜M、M〜Lなど呼び方が普通と違うため、どのサイズを選べばいいのか分からず初めての人は困惑してしまうかもしれません。

正しいサイズを選ばなければ後でトラブルになってしまうことも多いです。

そこで今回はふんわりルームブラの正しいサイズ選びの方法をまとめてみました。

正しいサイズ選びをすべき理由とは?

まず、ふんわりルームブラで正しいサイズを選ぶべき理由についてまとめてみました。

①しっかり効果を得るため

ふんわりルームブラは普通のブラではなく、脇や背中のお肉をブラの中に収めてキープすることで美乳を叶えてくれる商品です。

そのためサイズが小さいと胸が潰れて変形の原因になりますし、大きすぎるとホールド力が弱くなり効果を出すのが難しくなってしまいます。

そのためきちんと効果を出すためにも正しいサイズを着用する必要があるのです。

②返品・交換が原則として難しいため

ふんわりルームブラは通販での販売がほとんどです。

そのため購入前の試着が出来ません。

しかし、返品・交換は基本的に未開封の場合でなければ応じてもらえません。

つまり、もしも違うサイズを買ってしまうと返品も交換も出来ず、お金が無駄になってしまうのです。

ふんわりルームブラは1つ3980円と決して安くない買い物ですから、1度で正しいサイズを手に入れられるよう、サイズ選びの方法を知っておく必要があります。

ふんわりルームブラでサイズ選びを間違えた人の口コミは?

残念ながらふんわりルームブラのサイズを間違えて購入してしまった人もいます。

そうした方の口コミを集めてみました。

  • 自分にはちょっと小さいサイズを買ってしまった。つけていると少しずつ上がってきて、さらに胸の下の部分に跡がついてしまう。
  • アンダーの締め付けは良いものの、肩ひもがキツくて肩が凝ってしまう。
  • お肉を集めると胸が潰れるような感覚になったので、次に買うときはワンサイズ上を購入したい。
  • かなり悩んでS〜Mを購入したが、キツすぎてつけていられなかった。アンダーはちょうど良かったので次は+S〜Mにしたい。

ふんわりルームブラのサイズの選び方は?

ふんわりルームブラのサイズは公式のサイズ表を見ながら選びましょう。

公式のサイズは6サイズで、S〜M、M〜L、L〜LL、+S〜M、+M〜L、+L〜LLがあります。

これらのサイズはカップ数とアンダーの長さによって決まります。

例えばC 65の人はサイズ表を見るとS〜M、C 70の人はM〜Lとなるのが分かります。

このようにカップ数が同じでアンダーが少し違うだけでもサイズは変わりますので、事前に改めて自分のトップとアンダーの長さを計っておく必要があります。

ちなみに1番小さいサイズはAカップのアンダー65で、大きいサイズはA〜Eカップは85、Fカップは80、Gカップは75までとなっています。

公式のサイズ表を使って正しいサイズを選ぼう

ふんわりルームブラはカップ数とアンダーの長さによってサイズが決められます。

サイズは6サイズで、S〜M、M〜L、L〜LL、+S〜M、+M〜L、+L〜LLがあります。

公式のサイズ表があるのでそちらを見ながら自分に合うサイズを選びましょう。

ふんわりルームブラの公式ショップはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました